株アプリを比較

近年、パソコンやスマートフォンから株取引を行なう方が増えています。また様々な株アプリなども開発され出回っています。当サイトではおすすめの株アプリについてご紹介いたします。

株アプリってなに?

株アプリとは、タブレット端末やスマートフォンから株取引ができる専用のアプリケーションソフトのことです。
従前であれば、パソコンが手元に無い場合の株取引は、携帯電話からメールをするか、直接証券会社に電話する方法しかありませんでしたが、このアプリをインストールしておくことで、端末上から状況を見ながら取引を行うことができるようになります。
パソコンを持ち込むことができないような場所に外出しなければならなくなっても、パソコン上と同じような感覚で状況確認や売買などができるようになるのが、株アプリの大きなメリットです。
株アプリの画面に表示できる情報の量は、一度に表示できる量に関してはさすがにパソコンの株取引専用ソフトには劣るものの、取り扱っている情報の量についてはパソコンソフトとほとんど変わりません。
機能についても、注文機能やチャート閲覧機能、マーケット情報の表示機能、銘柄登録機能など、取引において必要なものが備わっているほか、タブレットやスマートフォンで操作しやすいように工夫が施されています。
株アプリは、基本的には無料で端末にインストールすることができ、誰でも使うことができます。
しかし、証券会社が提供している株アプリをインストールした場合、アプリに搭載されている全ての機能を使えるようにするためには、その証券会社に口座を開設しなければなりません。
また、アプリごとに対応している取引の種類が異なっているので、アプリを選ぶ際には内容をよく確認しておく必要があります。
ただし、その時点でアプリで対応していない取引についても、後々アップデートによって対応し、取引ができるようになる場合があるので、アプリの更新状況もこまめにチェックしておきましょう。

株アプリのメリットとデメリットについて

株式取引を行うさいには証券会社に証券口座を開設することで可能です。
証券口座は銀行口座と同様にお金を預けることができ、その預けたお金を利用して上場している株式証券を売買することができます。
取引の注文を出す方法としては、証券会社の窓口で行ったり、電話やインターネットで行うのが一般的です。特に近年は主力となっているのがインターネットによる取引です。
インターネットによる取引といっても、いくつかの種類が登場しており、以前のインターネットによる取引としてはパソコンを利用するのが一般的でしたが、携帯電話が普及すると携帯電話用アプリが登場し、スマートフォンが登場するとスマートフォンアプリが登場するようになっています。
これら株アプリのメリットとしてはデジタル通信が出来る場所であればいつでも取引を行うことができますし、株式の情報を確認することが可能です。
一方でデメリットとしては操作性が提供されるものによって異なっており、またレスポンスもパソコンによる取引に比べると遅いといったことがあげられますし、有線のインターネットに比べて無線によるデジタル通信は通信料が高額といった点もあります。
株アプリを提供しているのは、証券会社が無料で提供しているものと情報提供会社が有料で提供しているものがあります。
証券会社で提供しているものは無料で提供されているものがほとんどですが、その内容は会社によって異なってきます。
特にテクニカルチャートの数に違いがあったり、四季報や株主優待の情報を提供しているところとそうでないところがあります。
また取引に特化しているところもあれば、あくまでも外出先で情報提供を目的としているものなどあります。

おすすめの株アプリをご紹介

株取引とは、証券所に上場されている株式を売買することで利益を得る投資になります。
株を行う場合には、単に気に入った銘柄を購入するといっただけでは利益を得ることは難しく、多くの場合は低い株価の時に購入し高い株価の時に売却して利益を得るのがスタンダードな取引の方法になります。
この際に必要になるのが情報です。情報はインターネットニュースでも提供されていますが、いつでもどこでも閲覧できるスマートフォン向けアプリが増えています。
おすすめの株アプリとしてはネット証券が提供しているものがあります。
ネット証券はインターネットでの取引を前提とした証券会社であり、さまざまなサービスをインターネット上で提供していますが、そのひとつがアプリになります。
これらのアプリの多くは証券口座を開くことで利用することができますし、証券口座を開くことや維持すること自体は無料なのでアプリだけ利用するために口座開設するという人もいます。
また株式情報を提供している会社でもアプリを提供していますが、この場合には有料情報が中心になります。
おすすめのアプリとしては松井証券、楽天証券、エイチ・エス証券、カブドットコム証券があります。
松井証券は通常の証券会社ですが、インターネットに力を入れており情報提供力に強みがありますし、アプリからの取引にも強みがあるアプリです。
一方で楽天証券はテクニカルチャート分析が豊富であり、また四季報や株主優待などの各種情報を見ることができます。
エイチ・エス証券の場合には操作性が良く、気になる銘柄などにメモできるといったものがあり初心者に向いているとされます。
カブドットコム証券の場合には多彩なテクニカルチャートを提供しており、またみんかぶリサーチと連携しているので銘柄分析に強みがあるアプリとなっています。